Telog

2017.03/12




■ ライン交換。

 先に取り寄せたラインはちと太かった。ウエイトがあるから釣りには良いのだが、繊細なTTFゆえラインの負荷は少々頂けない存在...。

 このロッドの持ち味である”繊細さ”を損ねては面白みが半減する印象。使っていておもうことだが、ラインも繊細な方向へ向かうほど釣りそのものにも繊細性が向かっていくと感じる。ラインの巻き取り量はプロトで8m程度。ロングキャストとは言えないレンジだが、ロッド全長そのものが短いため、感覚的にはそれなりに出ている印象を感じる。そしてこのタックルでキャストをするとフライが一段とソフトに着水するようにも感じる。sると魚の反応も違和感が少ないのかとても自然な感じを受ける。こうした印象から、ラインが重くなると鈍さが上がる気がするんですな。
 逆に管釣りで#3とかだと心許なさのような感じがする。ま、意図的な際どさ感を味わうなら好都合だと思うけど。やはりラインには相応のウエイトがあった方が快適感というか適合性というのか?...#5ぐらいが楽しく釣りが出来る印象だ。

 とは言っても本の僅かの差でしかない今度のライン番手。早速振ってみたが、やはり軽さは現れていてロッドが軽く感じられる。それでいてラインパワーは落ちていないし、何よりフィーリングとしての軽快な感じは楽しい。ひとまずこれでプロトの修復と改良の作業は一段落した。あとは使ってみるだけ!


 話はまったく違うが。相部屋の「アヴィくん」だが...ついに高齢現象が目に見えて始まった。あまり食べなく成ったし、ときどきぼや〜っとしている時がある。2006年に我が家へやって来た彼。子ども達の成長期とも被るしあの震災も一緒に過ごした。これまで病気もなく来られたことが何よりなので、これからもゆるりと自然な時間を過ごしてくれればと思っている。

Topへもどる!