Telog

2017.05/13




■ kawagarasu Net談。

 2004年・T.craftとのコラボレーション製作シリーズ。石徹白イベントで出会ったバランス(センス)の良いフレームをテントのぶら下げに発見した。

 塗装もしていないフレームのままのモノだった。グリップの得も言われないラインお佇まいに見入り…それを両端で繋いでいる外周のフレームの品の良さ…無骨で野暮なよく見るグリップやフレームのダサ感が微塵も無かった…。吉田さんの顔なじみでもあると言うことで一気にお近づきとなれた。

 イベントから帰って早速デザインの話を進め自然木を活かしたフレームを何本も送り、そこから湧いてくるイメージをお任せしてネットを染め仕上げてもらった。代表的には何人かが所有されている「kawagarasu Net」。そして自然木シリーズは”Teru net”として一時展開していました。ほどなくしてT.cratさんが凄い勢いでメジャーランクにアップされ、こうした創作に時間が割けなくなって以後コラボレーションは止まったままになっている。

 ま、懐古に浸るつもりじゃない!ボクが基準にしているネットの有り様が含まれている一例としてのこと。野暮ったいのは…ということの比較にあるモノの一つですね。スライスした薄い板を貼り合わせる難しさ?限界?は全く解りませんので、あくまで理想論かもしれないが、それを理由に無難に仕上げていると感じたモノが野暮ったく感じてしまう。ロッドもそうだけど...なんかチャレンジしてないのって...と思う個人の話。


 さて↑のネットだが...S氏が使いたいということでお譲りしたのだが…それから2度目ぐらいの釣りの際落としてしまった...まだどこかに眠っているのか?すでに自然へ帰化したのか?...拾った人はラッキーなのか?!(w。


★ 岩手発信・わんこの里のわんこ郎.プレログ♪ ★

Topへもどる!